警報付き風向風速計の特徴とそのメリット

警報付き風向風速計は気象庁だけでなく様々な事業者が使用している計測器で、風向と風速を調べることが出来ます。この機器のメリットは常に不安定な風向と風速を計測することで、突風などで起こる強風や雷雨などを事前に予測することが可能です。もし強風や暴風、波浪などによる注意報、または警報の発令された場合には避難勧告や避難命令を出す地域と船舶への影響を予想する時などにも活用することが可能です。他にも天気予報の雲の動きや花粉の飛散状況の予想など、私たちが生活するうえで必要な様々な情報を知る機会としても様々な面で活用されています。昨今は風量発電などをはじめとしたクリーンな発電に適した土地の指標としても使用されており、現代では必要不可欠な機器と言えます。

風車型風向風速計についてとその仕組み

風車型風向風速計は気象庁をはじめ地方公共団体や運輸・電力供給等の事業者が使用している風速計で、流線型の胴体に垂直尾翼と四枚羽根がプロペラとして取り付けられています。この垂直尾翼は風が吹くことでプロペラが風上に向くことで回転を始め、胴体の向きで風向がわかり、プロペラの回転数からは風速がわかるような仕組みになっています。ここで言う風向は「風が吹いてくる方向」を言います。北を基準にして全周囲を16または36に分割し、16方位、36方位で表す決まりです。風速は「単位時間に大気が移動した距離」のことをいい、測定値は0.1m/sの位まで表す決まりになっています。この風向と風速は常に変化しているので、観測時刻より前の10分間の測定値を平均とし、その時刻の平均風向と平均風速として表示するのが一般的です。

風を調べることで出来る様々な対策

重大な気象要素となる風は、大規模な大気運動の指標でもあります。そのため、台風が発生した際に起こる低気圧などが原因で伴う強風や雷雨、また前線などが原因で起こる突風によって発生する災害に対し、風の観測はこれらの予報や警報などに利用されています。また、災害対策だけでなく雲の動きを予想することで天気を予測したり、花粉の飛散状況などといった私たちの生活面においても重要な情報として用いられているのです。この測器は、地上の風を測ることが目的ですから平らな開けた場所に独立した塔や支柱を建てて、更に地上10mの高さに設置することが基準となります。このことから昨今では地球温暖化のために対策として挙げられているクリーンでエコな風力発電を行う土地の指標としても使用されているのです。

大震災以降、新エネルギー対策として、太陽光発電が増加傾向にあり、太陽光発電計測システム向けもご紹介しています。 温湿度センサーは家庭用としても普及しております。 新製品情報を随時更新しております。 気象・放射観測システムでは、風向風速・温湿度プロファイル・日射(上下)、積雪を太陽電池のみでモンゴルで観測を行っています。 風向風速の警報を出力できる表示器をチェック