警報付き風向風速計を選ぶときの正しい選び方

気象観測で使用される風向風速計ですが、風による災害の予知、花粉の飛散状況や波の高さを測る目的で船舶や航空業界そして鉄道業界でも活用されています。その種類はさまざまあり、杯型、風車型や超音波式などがあります。杯型は垂直軸に杯のような半球がいくつか取り付けられ、その半球が風を受けると回転する仕組みです。風車型は飛行機のような流線形の本体に風車を備え、その風車が回転することによって風力を計測します。超音波式は空気を伝わる音波の速度で風力を計測する仕組みです。それに加えて風向風速計は本体の向きなどで風向きを知ることができます。計測できる数値は同じでも用途によって選ぶべき種類また付加すべき機能が異なります。用途と風向風速計の関係をご紹介します。

風向きと風速はどのように表すか。その目的とは

風向きは風が吹いて来る方向をいいます。風車型の計測器であれば風上に本体が向きますから、北に向いていれば北風です。全方位を16分割または36分割し、北東の風や北北東の風のように表します。一方風速は大気が移動する時間ですから、計測する単位によって表し方が異なります。一般的には一秒間に何メートル移動するかで表します。こうして計測した数値は主に災害の防止に活用します。例えば台風が近づいている場合、指定の風速を超えると警報で知らせます。それにより個人であれば外出を控えたり、公共交通機関の運転見合わせなどに対応できます。また公的機関による避難警報にも役立つでしょう。災害だけではなく、大気汚染の状況把握や風力発電に適した地域の選定などにも活用されています。

風向風速計の特徴と上手な選び方

上手に計測器を選ぶには、目的や場所に加え価格やメンテナンスのし易さなどを考慮する必要があります。風速や風向きの他に湿度や温度、気圧が知りたいならば一体型の測定器がありより詳細な環境の把握ができます。異なる場所の情報が欲しいときは、二地点間を接続しそれぞれに数値を指定しておけば警報で知らせ、現在の風速のみならず平均風速や最大風速も表示します。時間に幅を持たせたデータが取れるので、資料として有効です。その他雨量計が組み合わさった計器、寒冷地で使用できる凍結対策がなされた計器もあります。こうした機能を適宜目的により選びつつ設置場所の広狭、正確な測定ができる地点を見きわめて計測器を決めたいものです。価格は個人が趣味で設置できる商品から気象観測に使用される精密で高価な商品までありますので、予算に見合ったものを選択しましょう。