調剤薬局買収を業者に依頼する際に発生する仲介手数料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調剤薬局をM&Aする際には、戦略が必要でM&Aの専門業者に依頼する必要がありますが、依頼した場合は仲介手数料などの料金を取られる事になります。M&Aを行ってもらう上でその仲介手数料はとても気になるところです。
一言で仲介手数料といってもM&Aが成功するまでの間に様々な費用が発生致しますので、実際には複数の名目の費用が発生する事になります。まずは自分が薬局の売却をしたい旨をM&A業者に相談した場合の相談料金が取られる事があります。しかしこちらは無料というところが多く殆ど料金を取るところはありません。
次に着手金が発生し、中間報酬そして最後に成功報酬が発生する事になりますが、これらをひとまとめにして仲介手数料と呼ばれています。それではこれらの費用はどのような性質の費用なのか、基本的な一般市場価格は一体いくらなのか解説致します。

調剤薬局買収の仲介手数料着手金

まず業者にM&Aを依頼して業者側が顧客の依頼を受けた段階で業務委託契約を結ぶ事になります。これが第一の費用発生で着手金と呼ばれるものです。業者側があなたの依頼を受けますと合意した段階で発生する費用のことです。
これには売却する薬局の価値や詳細などをまとめた資料の作成、逆に買収したいと思っている人へのM&Aの打診や相談を持ちかける際に提出する資料や企業の概要書などの作成費用に充てられます。これらの作成にはとても手間がかかり多くの人件費がかかりますのでほとんどのところでこの着手金は発生する事になります。
そしてとても重要なのがこちらの料金は一度支払うと返金されない事が多くまだ売却する意志がはっきり固まっていない人はこの着手金を支払うのは無駄になると言えます。基本的に一般的な相場価格は200万円から300万円と安い金額ではありませんので、確実に売却の意志が固まってからこの着手金は払う方がよいでしょう。

調剤薬局買収の仲介手数料中間報酬そして成功報酬

M&Aを依頼して、その依頼がM&A会社の活躍により買収する側と基本合意が契約に至った時にも費用が発生します。この費用を中間報酬と言います。買い手側が正式に買収しますと公表した場合、売却側と買収側の双方の意志を確実に証明するため契約を結びます。
これを基本合意といい、これからM&Aに向けての本格的な薬局調査や売買成立に向けあらゆる努力をしていく事で合意しましたというもので、M&Aの大枠を取り決めた契約です。これだけ見るとこれで契約成立なのではないかと思われるのですが、この段階ではM&A成立に向けての意志があると言うだけですので、この後の調査結果や市場動向如何では買収側が買収しない、という判断を下す事も少なくなく、ここで合意が決裂する事もあり得るのです。
そしてそれらの調査や努力を乗り越え正式に買収と言う事になると、ここで始めて成功報酬と言う費用が発生致します。このようにM&Aで発生する費用は複数ありとても複雑ですのでM&A業者とよく相談した方がよいでしょう。